三国志大戦ブログ~奇跡を起こせません~
細々と活動しております

プロフィール

冬

Author:冬
小喬



メインIC 「冬」 現在覇者
メインデッキは
現在決まってません。
速射流星大喬復活マダー(゚∀゚)

上を目指すよりも好きな武将を使って楽しむ、をモットーに頑張っております。

最近の記事

最近のコメント

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
フレンド対戦追加!!



●ナンバーマッチング
四桁の数字を設定し、同じナンバー同士でマッチング。


●チームマッチング
同じチーム間でマッチング。





追加されます!!










アクエリアンエイジに












イタイイタイ石投げないで。・゚・(ノд`)・゚・。










三国志大戦にも実装されないかな・・・



そんな訳でこんばんわ。
冬です。


いいよね~このフレンドマッチ・・・
一応アクエリも出来るので誰か時間が会えばやりましょうかww


さて、今週末にまた天下統一大会があるみたいですね。



「超局地戦! Ver2.1追加カード限定戦」
■開催期間:2007年6月29日(金)~7月1日(日)
■開催時間:10:00~24:00 (深夜には行いません。)
■参加資格:4州以上のプレイヤー
■デッキ条件:Ver.2.1「若き獅子の鼓動」から追加されたカードのみで追加された武将のみで構成されたコスト8以下のデッキ。
<使用可能カード>
 魏045~魏076 蜀043~蜀076 呉043~呉069
 涼030~涼038 袁023~袁030 他028~他031
 LE010~LE047
大会モードは通常の全国対戦を行いながら、対戦相手の持つ「玉璽の欠片」を集めていき天下統一を目指すモードです。

<大会の概要>
1:大会ではフリーマッチングになり、侵攻および、徳の上下はしません。
2:各プレイヤーは「玉璽の欠片」を持ってスタートします。
3:対戦して勝つと、相手から「玉璽の欠片」を奪うことができます。
※倒した相手プレイヤーは一定条件で配下にすることができ、配下にしたプレイヤーから、玉璽の上納を受けることが出来ます。配下となったプレイヤーは独立ゲージを貯めることで、独立することが出来ます。
4:大会終了時に、最も多くの玉璽を持っていたプレイヤーが優勝となります。
5:すべての兵法が使用でき、すべての外伝の効果が使用できます。
6:持っている戦器は使用できます。

 入賞者には、以下の称号が与えられます。
■優勝称号:若獅子
■入賞称号(2位~3位):近衛兵
■特別賞称号(1000位、2000位):一般兵
■特別賞称号(3594位):義兄弟

 大会結果に応じて、参加者全員に以下の特典をプレゼント!
■最終玉璽の個数×金10
■最終配下人数×金100
■参加賞:金2000

※玉璽の欠片の数が同数の場合は、以下の優先順位により、順位が決定します。
 「落ち延びた回数(少ない)→徳→侵攻→総合勝率→登録順」となります。



VER2.1追加カード限定戦て(^-^;
とりあえず参加賞の金2000目当てに出場します(ぇ
デッキは・・・陸抗、沈瑩、羊コ、郝昭、司馬昭とかどうよ?w
覚醒持ち四人w
司馬昭は微妙かもだから1.5コス違うのに変えるかもしれないけど(^-^;
変えるなら槍がいいから・・・郭淮か?ww
まぁ他にもデッキ作って適当に遊びます。



でわでわ

スポンサーサイト
荀平
参加賞は魅力ですよね!
フタを空けたら金200だけだったとかの可能性もありますが…f^^;
デッキ作製は楽しいね!
2007/06/23(土) 16:13:42 | URL | [ 編集]
>荀平さん
これで金200だったら暴動が起きますよw
デッキ考えるのは楽しいですが結局納得のいく・・と言うか使いたいデッキが出来なかったのでランペイジ引っ張り出しました(笑
2007/06/29(金) 20:32:39 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 三国志大戦ブログ~奇跡を起こせません~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。